私にとっての3.11

 3.11の大震災と原発事故から1年。社会的側面からの発言は普段からしているので、今日は己に寄せて「私にとっての3.11」(笑)を簡単に。



 実は3.11が私に与えた影響はほとんど無かった。・・・こう書くと語弊が生じてしまうかもしれない。だが被災地から遠く離れた九州に住んでいたので、印刷業界の混乱による仕事上のドタバタとフリーペーパー『IM...identity market』の復刊延期。この2点を除けば、物理的な影響はほとんど無かった。また3.11で崩れた様々なモノは以前から信用していなかった上、地震の怖さは95年阪神淡路大震災、津波の怖さは04年スマトラ島沖地震、災害後に生じる差別意識の怖さは01年同時多発テロ・・・これらの災害によって既に感じショックを受けていたので、精神的な影響もさほど無かった。これが正直なところである。

 3.11が私に与えた影響はほとんど無かった。だが今後も無いというわけではない。・・・いや、実は今後にこそ3.11は私に大きな影響を与えることになるはずだし、そうしなければならない。なぜならば埼玉・秩父出身の両親のもとに生まれ、20代半ばまで神奈川・横浜で育ち、そして17年前に九州・熊本に移ってきたという自身の生い立ちが、3.11以降意味を持ち始めてきたからである。

 ご存知の通り、3.11以降東北や関東から多くの人が西日本に移ってきた。そして放射能汚染が少ないというニュースが流れたせいか、それとも当初動きの鈍かった被災者受け入れ態勢がようやく整ってきたせいか、その流れは今なお続いている。(事実、おとといも神奈川から移住先を探しに来た家族と出会った)

 移住してきた人達に対し物理的な支援は出来ない。残念ながら今の私にそのチカラはない。だがそうであっても、移住してきた人にとって私が「先輩」であることに変わりはない。当時いた会社の転勤という偶然かつ他律的な理由による移住とはいえ、17年半の熊本在住経験を持つ東日本からの移住者はそう多くないはず。数少ない「先輩」としての自覚と言動・・・今現在の、そして今後の私には、それが求められているのだ。

 在住経験を語ること・・・もちろんそれも重要だ。だがより大事なのは、楽しく元気に生きること。実りある九州・熊本ライフを見せること。後輩に希望を与えることこそが、「先輩」に課せられた唯一の義務なのだから。



 かつての交際相手と親兄弟にしか話してこなかったことだが、実はかなり以前から、私は2011年に関東に戻ることにしていた。「新幹線が開通したら横浜に戻る」と伝えていたのだ。

 しかし奇しくも、熊本に新幹線が通る前日、2011年3月11日に震災と原発事故が起こってしまった・・・
 そして奇しくも、私は「先輩」になってしまった・・・

 昨年秋に予定していた横浜戻りは無期限延期・・・震災後しばらく経ってから、親兄弟にはそう伝えた。別れてしまったので元カノには伝えてないが(笑)

 私も生身の人間ゆえ、親兄弟も存在するし肉体的な制約もある。いつまで九州・熊本に住んでいられるのかは分からない。死ぬまで住むことになるかもしれないし、1年後には横浜に戻る、あるいは別の土地に移ることになるのかもしれない。

 だが九州・熊本に住む限り「先輩」としての自覚と言動を心掛けつつ、楽しく元気に生きていこう!・・・この決意こそが、「私にとっての3.11」なのである。

DRUM-15

そのひとつひとつに刻まれた、「時」の美しさに惹かれたからである。

DRUM-15
DRUM-15

躍年

にんげん40代にもなると、自分には出来ないことの多さに気付く・・・
・・・と同時に、自分にしか出来ないことにも気付くわけで、
まあ、肉体の限界と精神の無限を覚えつつ、
あとは自分にしか出来ないことを進めるのみ。

・・・と、厄年、いや躍年を迎えて誓った次第。

DRUM-23

九州に移る前後、ドラム缶に凝っていたことがある。

DRUM-23
DRUM-23

渋谷リサーチ或いは単なる酔い覚まし

「『IM』飲み会@東京」より続く)

 思わぬゲストも加わり盛り上がった新宿での『IM』飲み会も12時前にお開きに。ふたり暮らしな皆を見送り私も家路に・・・・・・といっても私の実家は横浜の南端。終電は既に逃してしまった。
・・・・・・いや、正確に書けば「逃してしまった」ではなく敢えて「逃した」か。昔のスタッフの集まりといえども私は元リーダー。「終電」などというイケてない理由で先に帰るなどという不粋を晒すわけにはいかぬのだ。(そもそもワタクシメは休日前に終電を気にしながら酒を飲めるような出来た人間ではないが・・・)

 てなわけで終電後。だが東京を離れて既に15年。こんな深夜に呼び出せるヤツもお泊まりできるコもとうの昔に尽きている。どっかのクラブで朝まで過ごそうかなと渋谷に移動してみたが、かつてのホームグラウンドも15年後とあっては完全アウェイ。連れナシではどこに入る気も起こらない。さてどうしようかと、酔いを覚ましながら夜の渋谷を一巡り。と、そこで、ふと感じた。昔の渋谷と何かが違うと。もちろんネットどことか携帯すら無かった時代と同じわけがない。だが感じたのは変容というより欠落の感覚。何かが渋谷から無くなってしまったという感覚だ。

 ココで元イベント屋現印刷デザイン屋として横から街に係わり続けてきた己の直感が働く。「渋谷」は拡散しているに違いない。
 さ、あらばと渋谷を脱出。最終目的地は横浜の南端につきアバウトながらも進路は南。松濤から山手通りに出て中目黒方面へ・・・・・・
・・・・・・やはり図星だ。ひと昔前なら渋谷で営業していたであろう店。そして渋谷にいたであろう人たち。そんな店や人たちが、駅からの距離に関係なくポツリポツリと現れる。

 中目黒駅のガードをくぐり、なおも山手通りを五反田方面へ。秋の夜空が心地いい。だが地方都市の生活で鈍った足がそろそろ休憩してくれと愚図りはじめた。
 すると、こんな扉がいきなり出現!

もちっと続く

クムラ-1

ルーズリーフ

 大掃除をしていたら高校時代のルーズリーフを発見!
ルーズリーフバインダー裏1985
 B5サイズ。26穴。で、好きな写真やイラストを入れられる透明表紙カバー付バインダー・・・当時の高校生はみんなコレでした。

 しか〜し!当時から我流バリバリ(笑)のワタクシメ。アイドルの写真なんかは入れる筈もなし。無色ではなく透明グリーンというところで既に我が道を行っているが、表紙(正確にはウラ表紙)に入れていたのはイギリスの“パンク/ニューウェーブ”バンド(と当時は見なされていた) 23skidoo の写真!そしてチベットとアラビア文字のコピー!!・・・困った高校1年生デシタ(笑々)

 当時の私はなぜか文字に凝っていて、授業中の落書きといえば創作文字。そして図書館に通って中西亮氏の名著『世界の文字』(みずうみ書房)を借りまくり。後に買った改訂版に該当ページが無いので確証は持てないが、この文字も同書からコピーしたと記憶している。

 23skidoo(23スキドゥ)について説明するのは面倒なんでコチラを参照・・・と思ったが適当なサイトが見当たらず。〔※1〕とりあえずウィキペディア英語版。日本語版は無いようなのでウィキペディアの説明を借用しているココにしときましょ。なぜ「チベット文字」「アラビア文字」なのかの説明も省けるしね。
 ちなみに写真は 23skidoo の当時の最新作『urban gamelan』からとったもの。このアルバムのパーカッショニスト気取りで机を叩きまくり、級友のヒンシュクを買っていたのは懐かしい思い出でゴザイマス。

 「文字」も「23skidoo」も当時は冗長な趣味でしかなかったのだが、「文字」は現在の生業:印刷デザインの仕事に生きているし、「23skidoo」もDJにおける私の音楽性の原点として今尚輝きを放っている。
 人生無駄なことなど何一つ無いということか?それとも無駄に思えることにこそ己の本質が反映されるということか?・・・いずれにせよこのルーズリーフは永久保存。ずっと手元においておこうと心した次第。

 なおウラ(正確にはコチラが表紙)の方はPenguin Cafe Orchestra(ペンギン・カフェ・オーケストラ)のアルバム『Broadcasting From Home』からとったペンギンのイラストに英英辞書の1ページ、外国製の地図、山田章博のマンガの1コマという展開。地図はヨーロッパ最大のアレッチ氷河というセレクトだし、辞書は「zoo」「zulu」「zion」「zoroaster」「zodiac」などという単語が含まれているページ。山田章博のマンガは「GHOSTS」というポルターガイスト現象を扱った作品・・・一見西洋オカルトへの幼稚な傾倒に思えるが、そんな嗜好を持っていた記憶はない。おそらく西欧文明に対するなんらかの批評を意図していたのだろうが、すんません!こっちの方はよく覚えてマセン。

ルーズリーフバインダー表1985

[10/11追記]

〔※1〕適当なサイト見つけました!『不条理音盤委員会148 23skidoo Urban Gamelan』
なぜかウチでは聴けないが、視聴音源へのリンクもありマス。
 ↓
コメントにある通り、サイトの管理人さんから生きている視聴サイトを教えて頂きました(感謝!)コピー防止用のノイズが入りますが、LP『urban gamelan』+12inch『Coup』+12inch『Language』の全曲が聴けます。聴いて頂ければ「机を叩きまくり」たくなる気持ちは解って頂けるのではないかと・・・
なお蛇足ながら、元々ひとつながりの曲が多いので、「F.U.G.I.(原題FUCK YOU GI)」から「Coup De Grace」までは聴くなら通しで聴きましょう!
『Boomkat music download』 - 23 SKIDOO, Urban Gamelan


↓ついでに『urban gamelan』のジャケ写をアップ。デザインbyネヴィル・ブロディ!

23skidoo - urban gamelan 表

23skidoo - urban gamelan 裏

「時空」

昨日起こった大型トレーラー横転事故。
あと15分遅ければ、私は事故に巻き込まれ、右折車線で正面衝突・・・おそらく死んでいたはずだ。

15分差で死を免れたのだが、意外にも「生死」や「運命」については何も感じない。
感じるのは「時空」ばかり。私がいた場所に、15分後、巨大なトレーラーが横転している・・・この圧倒的な存在感を持つ「時空」ばかりが、一晩経った今もなお感じられるのだ。

「時空」はやはり、只者ではない。

四十雀

どたりばたりと世を生きてきたワタクシメも、今月で遂に40才。
節目の勢いを借りる恥を忍びつつ、公私ともども色々始めてゆく所存。
「公」はもちろんご報告。「私」は気が向きゃご報告。
てなわけで今後も宜しく願いマス。

NoStalgia

懐かしいのは過去か故郷か?
とにかく遇って嬉しい花いちもんめの緑の電車。

東急5000系

悪魔の囁き

イスラエル人とパレスチナ人が戦い続けて全滅すれば世の中ちょっとは平和になるかなという悪魔の囁きを振り払う毎日

Never Flutter in Every Bloody Sky
Never Flutter in Every Bloody Sky.
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Follow identitymarket on Twitter
Twilog (Twitter 過去ログ)
Twilog - @identitymarket


new entries
categories
archives
links
profile
search this site.
mobile
qrcode
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
---------------------
+ NetTheRadio +
Sofaspace
Sofaspace
PSYCHEDELIK.COM
PSYCHEDELIK.COM
psyradio
psyradio
SomaFM - Groove Salad
Groove Salad

---------------------
+ GlobalChillAge +