<< ガンバレで済んだら政治家は要らない | main | kliklak >>

After Ten Years After

『IM...identity market』の元常連、吉水りふ a.k.a. 吉水裕子氏の一時帰省パーティ(?)に昨晩顔を出す。
彼女自身も『muzzle』というコアなフリーペーパーを発行していたころ、『IM』としては10号〜20号ごろにかかわったヨシミズまわりの連中に出会えるぞ!・・・と思いきや、再会できたのはさらに昔、00号〜04号ごろという創刊当初にご縁があった人たちであった。

これはワタクシ的には意外な展開。というのも吉水氏が『IM』に初めて投稿してきたのは04号。しかもまだ高校生で、街で活躍し始める前。・・・つまり彼女と「00号〜04号ごろにご縁があった人たち」は当時はまだ繋がっていなかったはずだからだ。
むしろ『IM』主催のパーティ(その名も「conjunction(=接続詞)」)で繋がったのかなとも考えたが、そればかりでもなさそう。
まぁ、市街70万弱、商圏100万弱の人口のワリには狭いからねぇ熊本は・・・と、うやむやに矛を収めておくが吉。どうだっていいことだしね。(いい意味で)

閑話休題。
家に帰ってから気付いたのだが、『IM』への投稿という形で吉水氏と出逢ったのが1997年の冬。掲載確認の電話口で「蚊が鳴くような声」(05号紹介文より)を初めて聞いて、3月1日発行の04号に掲載になって、そして前出のパーティ「conjunction」で「『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイに雰囲気が(そしてたぶん中身も)似ている彼女」(08号紹介文より)と初対面を果たしたのが3月15日。そう、今からちょうど10年前。10年前に全てがはじまり、そして10年経ったのだ。
今の彼女にとって、そして昨日のパーティにとって、「10年」が(密かに)大きな意味を持っていたのか否か?それは分からないけどね。

吉水氏が10年前ということは、「00号〜04号ごろにご縁があった人たち」は更に前。00号以来ともなれば11年前ということになる。吉水氏とはおそらく5年ぶりぐらいだったが、中にはまるまる10年ぶりだろうという人もいた。
でも嬉しかったのは、これらの「再会」において交わした言葉の多くが「思い出」ではなくて、「いま」と「これから」だったということ。過去があって、過ぎ行く「いま」があって、そして「これから」がある。いや、「思い出」があるからこそ深く語り会える「これから」がある。実際のところ限られた時間で深く語り合えたわけではなかったが、そんな雰囲気がごく自然に存在していたことが何よりも嬉しかった。
もちろん『IM』の「これから」:復刊の話もさせて頂きました。ほんのサワリだけだけどね。

ひとつ残念だったのは、何人かの「00号〜04号ごろにご縁があった人たち」とすれ違ってしまったこと。昨日は印刷の納品日だったので、私が顔を出せたのはパーティ終了1時間前という深夜。もう何人か帰ってしまった後だったのだ。
まあ、会うべき人とは、いずれどこかで再会するのだろうけど・・・。

そんなこんなで、後から気付いたこの「10年」。思わぬ拾い物をした気分で、『IM』復刊のバネに使わせて頂きマス。
ヒロちゃん、みんな、ありがとう!



『IM』に掲載された吉水裕子氏の原稿が、彼女のホームページ「+ muzzle +」でバッチシ読めます。(なんと各号掲載の紹介文まで読めちゃいマス)
『identity market on WEB』のLINKページからどうぞ!

それにしても「もう4年くらい止まってます」なサイトへのリンクページも止まって既に1年半・・・。
お互いスローに生きとるんだか、なんだかだぁね。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Follow identitymarket on Twitter
Twilog (Twitter 過去ログ)
Twilog - @identitymarket


new entries
categories
archives
links
profile
search this site.
mobile
qrcode
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
---------------------
+ NetTheRadio +
PSYCHEDELIK.COM
PSYCHEDELIK.COM
psyradio
psyradio
SomaFM - Groove Salad
Groove Salad

---------------------
+ GlobalChillAge +