地型

印刷・デザイン関連記事のみお読みになりたい場合は以下をクリックしてください。
「カテゴリー;印刷・デザイン関連」


 某SC運営会社〔※1〕に勤めていた後遺症か、商店街を歩くと「テナント募集」の貼り紙に目がいってしまう。そして「次はすぐ決まるかな」「どんなショップが入るかな」と、しばし立ち止まり考えを巡らせる。
 で、そこでまず気になるのが立地条件だ。特に条件の良くないときは「ココじゃなかなか決まらないだろうな」と、また決まったら決まったらで「いつまでもつかな」と、他人事ながら気になってしまうのだ。

 立地条件。これは言うまでもなく重要だ。人通りは多いか?目立つか否か?何階にあるか?充分広いか?駐車場は?・・・客商売に縁がない人でも分かるだろう。
 実際のところの「立地条件」はもっと複雑だ。周辺環境は街全体から両隣の造りや雰囲気まで全て影響するし、昼夜や曜日による通行客層の変化も無視できない。

 そしてもうひとつ、非常に重要なのが「地型」だ。
「地型」とは文字通り「地面の型」。一般的には土地の形を意味するが、客商売の世界ではテナントが入る区画を示す。縦長、横長、正方形という区画全体の形はもちろん、道路や通路への接し方や柱の位置、天井までの高さなど、テナント側が変更できない区画条件全てを含めて「地型」と呼ぶと理解すれば分かりやすいだろう。

「地型」がなぜ重要かといえば、商売を営むにあたっての使い勝手もあるが、何よりもこれがお客さんの心理状態に決定的な影響を及ぼすからである。例えば横長区画は道路や通路に広く面しているので入りやすいが、反面落ち着かない。また人間は時計回りに回る本能があるので、左側から入りやすい地型はストレスを与えない。
 もちろん地型が心理に影響を与えていることを自覚しているお客さんは皆無だろう。だが自覚していていないからこそ恐いのだ。客商売そのものが購買欲をめぐる心の駆け引きなのだから。

 さて、そんなこんなでつい気にしてしまう「テナント募集」。下の写真もそのひとつ。熊本第2のアーケード上通り沿い。しかもT字路の正面という目立つ場所なのでテナントは割と早く決まるのだが、オープンしたと思ったらすぐ退店。ここ10年 で何回「テナント募集」を見たことか。
 そりゃこの地型じゃねぇ・・・と憐れみ半分で様子見していたこの物件。昨日通りかかったら、新しいショップがまたもやオープン!

・・・・・・!!
 なるほど!旅行代理店ねぇ。
 カウンター越しの対面接客業。しかも金融業みたいに通行客の視線をはばかる必要のない業種。全く気付かなかったが、こりゃアリだ。いやアリなどころか、縦に細長い区画、入口正面に迫る壁面、陳列に不向きなガラス面・・・一般的には最悪な地型も旅行代理店だったら却って好都合という気までする。
 上通りの客層や競合店との位置関係から考えても充分イケそうだし、これでようやく落ち着くんじゃないかな?

 あとは2階やね。服や雑貨はまずあり得ない。水回りとトイレがしっかりしていれば美容室という線はあるかな。賃料次第ではカフェもイケるかも。
 ガラス面いっぱいにカッティングシートを貼って「無人くん」・・・にだけはならないよう、密かに祈っておきましょう。


〔※1〕SC=ショッピングセンター。「某」と伏せたのは本文に関係無いからで他意はない。気になる方はプロフィールをご覧あれ。


[7/17追記]
立地条件に「駐車場」を補足しました。

熊本旅行

「logo」と「rogo」

印刷・デザイン関連記事のみお読みになりたい場合は以下をクリックしてください。
「カテゴリー;印刷・デザイン関連」


このブログも含め、ウチのホームページでは「忍(shinobi)」というアクセス解析を使わせて頂いている。
そのアクセス解析の中で最もチェックするのが検索ワード分析だ。どの検索ワードでアクセスしてきたかがランキング形式で示されるのだが、このランキングが時代を色濃く反映してたり、意外な言葉が上位に入ってたりと、いつ見ても興味が尽きない。

もちろん常に上位は決まっている。「アイデンティティマーケット」「identity market」「フリーペーパー」「印刷」「カラー印刷」「熊本」・・・これらはウチの看板言葉。上位に入って当然だ。
だがその中に、意外なそしてビミョーな言葉がひとつだけある。
それは「rogo」
ホームページ上には表示されないのだが、トップページを構成する画像パーツのファイル名に「rogo」が使われており、それがyahoo!ではなんと4位にランクされてしまうのだ。

SEO対策など全くしていないサイトだというのに、こんなメジャーな言葉で上位にランクイン。そのカラクリは(もうお気づきの方も多いであろう)、「rogo」の綴りが誤っているからだ。
会社や商品のマークを意味する「ロゴ」は「logotype」の略だから、「logo」が正しい綴りとなる。もちろんローマ字と考えれば「rogo」もアリなのだが、ウチは印刷・デザインを扱っている組織。プロとしてはやはり避けるべき表現だ。

・・・と思ったのだが、あらためてyahoo!の「rogo」ランクを眺めてビックリ。
1位アディダス。8位NIKE。9位ツーカー(KDDI)。10位PHENIX。・・・英語はバッチシなはずの外資や国際企業が堂々のランクイン。そして7位には製紙業界の雄、北越製紙に対するTOBで世間を騒がせている王子製紙まで登場。

名だたる大企業に囲まれて、ヘンな開き直りが生まれてきてしまった。
ま、やっぱ「ローマ字」というコトでいいかな。画像のファイル名だけだし・・・
う〜む。

10周年&8周年

印刷・デザイン関連記事のみお読みになりたい場合は以下をクリックしてください。
「カテゴリー;印刷・デザイン関連」


identity market設立10周年に続き、「カラー印刷13,000円」も8周年を迎えました。

日頃よりご愛顧頂いている皆様に感謝申し上げます。
また、今後とも宜しくお願い申し上げます。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Follow identitymarket on Twitter
Twilog (Twitter 過去ログ)
Twilog - @identitymarket


new entries
categories
archives
links
profile
search this site.
mobile
qrcode
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
---------------------
+ NetTheRadio +
PSYCHEDELIK.COM
PSYCHEDELIK.COM
psyradio
psyradio
SomaFM - Groove Salad
Groove Salad

---------------------
+ GlobalChillAge +