日蝕日

はじめてみる太陽や
日蝕/陽

はじめてみる木陰より
日蝕/木陰2

日蝕/木陰1

はじめてみる空の色
日蝕/空

を、ずっと眺めておりました。

庭草

庭草摘-1

庭草摘-2

「庭」というより駐車場だが、此処は南国、早春にして草茫々・・・

いや、茫々とは如何にも失礼。
春の恵みにまず感謝!

そして採る。
「摘む」でもモチロン「刈る」でもなく、採る。

で、
心のなかで両手をあわせ、
いただきます!

紅葉々

撮ったことすら忘れていた(たぶん)7年前の紅葉を発見。

蔦紅葉たぶん2001年

美しい緑

贈収賄はびこる「緑化事業」や
商魂みえみえの「環境への取り組み」の“成果”より
コンクリートの隙間にすら生い茂る“雑草”の方が
遥かに美しい緑にみえる

弥生町2008年7月

アシダカグモ

「日本を代表する家グモ・・・」と書き出そうとしたら、コヤツらも元々は熱帯からの外来種らしい。
ゴキブリの天敵という“益虫”なので駆除云々どころか外来種扱いすらされない・・・
と、まあそういうことですな。

クモに限らず虫類は個体識別しづらいのが残念なところ。
年に何度か見かけるアシダカグモが同一個体だと分かったら、なお一層の愛着が湧いてくるだろうに。
ま、私の頭の中では同一個体の同居人ということになっているのだが・・・。


[9/15追記]
写真より二回り小さい個体を二度ほど見かけた。どうやら新たに住み着いたようだ。もちろん勝手に(写真個体の)子供扱い。
で、この夏はゴキブリを一匹も見かけない。「アシダカグモが数匹棲み付くとその家のゴキブリは半年で全滅する」はやはり真か。『怪しい伝説(MythBusters)』に検証してもらいたくなってきた。



アシダカグモ2

アシダカグモ1

朝から


朝からやりまくっていた猫達

時は流れど、

されども、桜。

桜080402

窓に緑がある幸せを想う。

裏庭2008年3月

三毛と黒

動物はこの後ろ姿が一番かっこいいとよく思う。

三毛と黒(2)

三毛と黒

猫の身になって文章を書いてみたいと思う気持ちはよく分かる。

三毛と黒
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Follow identitymarket on Twitter
Twilog (Twitter 過去ログ)
Twilog - @identitymarket


new entries
categories
archives
links
profile
search this site.
mobile
qrcode
recent comment
recent trackback
sponsored links
others
---------------------
+ NetTheRadio +
PSYCHEDELIK.COM
PSYCHEDELIK.COM
psyradio
psyradio
SomaFM - Groove Salad
Groove Salad

---------------------
+ GlobalChillAge +